定期的なメンテナンスでガラス修理不要!ガラスの耐久性を高める方法

ガラスの耐久性を高めるために

メンテナンスの重要性

掃除を頻繁に行う人でも、ガラスの掃除やメンテナンスは年に数回の方も多いはずです。ガラスがあることで、雨や風を遮り、快適な生活空間になります。そのため、掃除やメンテナンスをして長期間綺麗な状態を保つことは重要です。

メンテナンスするメリット

  • ヒビ割れの早期発見
  • 室内が明るくなる
  • 空き巣防止
  • カーテンを汚さない

ガラスのメンテナンス方法

洗剤で拭く

雑巾やタオルを使用し、汚れを上から下へ拭き取ります。このとき、ガラス用クリーナーをガラスに直接吹きかけないようにしましょう。液ダレでベタベタになるのを防ぐためです。汚れがひどいときは、新聞紙を使用してガラスに付着した油汚れを拭き取るようにしましょう。

水拭き

雑巾やタオルを水で濡らして、きつく絞った後にガラスを拭きます。乾かないうちに水拭きすることで、落とした汚れをこびりつかせなくする効果があります。

乾拭き

余計な水分は、濡れてない雑巾やタオルで拭き取ってください。ムラをなくすために窓の縁に沿って上から下へ、ちょうどカタカナの「コ」の字を書くような感じで拭き取るのがポイントです。

断熱フィルムでの豊富な効果

現在はたくさんの種類の断熱フィルムが登場しています。主に太陽の熱を遮り、室内の温度上昇を防ぐため貼りますが、目的に合わせて選ぶといいでしょう。少し断熱フィルムの効果を紹介します。

断熱フィルムを貼る効果

  • 断熱性
  • 遮熱性
  • ガラスの飛散防止
  • 節電
  • 結露防止
  • 目隠し効果

熱割れを防ぐ断熱フィルムの貼り方

室内側のガラス面に断熱フィルムを貼ると、通常よりもガラスの温度が上昇するので熱割れが生じやすくなります。熱割れを防ぎ、ガラス修理の頻度を少なくするためには、室外側に断熱フィルムを貼るようにしてください。熱をガラスが吸収することなく反射できるため、ガラスの温度上昇を抑えることができます。

TOPボタン